魔法のことば

現役スピリチュアルカウンセラー プリアが毎日の中で感じたことをスピリチュアルをメインテーマに書き綴る徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

節分

本日、2月3日は節分です。

皆さんのお家では豆まきをしておられますでしょうか?

私は、子供の頃、大豆があまり好きではなく、年々増えていく年の数の大豆を食べさせられるのがすごくいやでした。

今でもあんまり得意ではないです。


昔は、季節の代わり目の前日のことを節分と言い、「季節を分けること」を意味し、
立春・立夏・立秋・立冬の前日は、全て節分と呼ばれていました。


立春が一年の始まりと考えられるようになってから、次第に、2月3日だけを節分と呼ぶようになっています。


立春、すなわち、明日からを新年と考えると、2月3日の今日は大晦日にあたる日です。

この日に、新たな年の厄除けをしようと、今も色々な行事が行われているんですね。

豆まきは昔から様々なところで行われてきましたが、最近になって全国的に広まったのが、恵方巻きではないでしょうか?

少し前は、関西圏では普通に行われていたようですが、今は、普通にコンビ二でまで、お寿司が売られていますね。

お寿司屋さんの陰謀・・・。

いえいえ
では、今日はこの恵方巻きを中心に、願掛け等、おまじないについて書いていきたいと思います。
節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら[要出典]太巻きをまるかじり(近畿方言では「まるかぶり」)するのが習わしとされている。

商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持つともされる[要出典]。七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、だし巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ちなみに、今年は、東北東だそうです。

楽しく家族で、この行事を何の疑問もなく、されている方も多いと思います。

ですが、吉方位を向いて、目を閉じて、もくもくと、願い事を思い浮かべながら、寿司を食べるなんて、普通じゃありえないですよね?
知らない人が見たら、かなりびっくりすると思います。

どうして、こんなたくさんの制限付きの奇妙な行為を行ってきたか?

それは本当にそうすることによって、厄が払えたり、願い事が叶ったりするからです。


もう少し言うと、きちんとわかる人が見て、それを行えば、そういったことも可能になる可能性があるということです。

例えば風水など。

西に黄色いものを置くと金運が・・という言葉を聞いて、宝くじを買ったあと、黄色いものを置いていたけど、当たらなかった、という経験をした方もいると思います。
家の中に生花を飾ると良いとかね。

風水や、方位学の類もあながち嘘ではありません。

平安時代には、それらを見るための専門家が、宮中に雇われていたくらいです。
陰陽師と呼ばれる人たちがそうですね。

では、何故、あなたの宝くじは当たらなかったのか?

それは、間のプロセスを飛ばしてしまって、結果を出すための方法だけを教わって、実行しているからです。

陰陽師や、風水師、などはきちんとその結果を出すために、場をしっかりと作って、それらの方法をわりだします。
土地の持つエネルギーだったり、気の流れであったり、対象者自身の状態であったり、全てを呼んだ上で場をたてます。

それらのことがきちんとできる人たち、つまりきちんと場を作れる人にとっては、それらの方法は有益なのです。

ですが、物事は、人から人へ伝わるとき、結果だけがゆがんで伝わっていきます。

結果、本質は全く伝わらず、形だけが伝わり、なんの意味もなさない方法論だけをみんなが知っているという状態になるんですね。

そして、自分の、人の未来を狭めていってしまうことにもなりかねないんです。

まあ、恵方巻きを食べたくらいでは、そんな事もないでしょうけどね。

そもそも七福神にちなんで、という部分からして、かなり跡付けだと思います。

『七福神』
恵比寿
古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。

大黒天
インドのヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の大国主命の習合。大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった。

毘沙門天
元はインドのヒンドゥー教のクヴェーラ神で、これが仏教の神のヴァイシュラヴァナ(多聞天)になり日本では毘沙門天と呼ばれる。

弁才天 (弁財天)
七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多い。

福禄寿
道教の宋の道士または、道教の神で南極星の化身の老子である寿老人の別名または同一神とされる。

寿老人
道教の神で南極星の化身の老子。

布袋
唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧。

ヒンドゥー教から、仏教、果ては道教まで、バラエティ豊かすぎます。

というわけで、本日夜は、得に何も考えず、春が来たことを喜びながら、静かにお寿司をいただきましょう。

精神世界ランキング 人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    ↑    ↑    ↑    ↑ 
まるかぶり?


スポンサーサイト
別窓 | 願い事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<チャクラ8 第5チャクラについて | 魔法のことば | 瞑想とは?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 魔法のことば |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。