魔法のことば

現役スピリチュアルカウンセラー プリアが毎日の中で感じたことをスピリチュアルをメインテーマに書き綴る徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

浄化

今日は久しぶりのお天気でしたね。

連日仕事に追われ、掃除をする暇もあまりなく、毎日雨か曇りでしたので、今日は、ここぞとばかりに、部屋の掃除をしてから家をでました。

部屋は、常に、キレイな状態で保って置くことが良い気を呼ぶ上では、必要不可欠です。

空間をきれいにしておくことって、かなり大切です。
結界をはるというような方法もありますが、やり方いかんによっては、ちょっとおすすめできないので、もし機会があったら、ご紹介することもあるかも??くらいで。

昨今人気の『そうじ力』もあながち嘘ではないですね。

ですので、私は、部屋の掃除ができなくなってくると、ものすごく、掃除したい!!という気持ちが起こってきます。


そして、できる時には、一気に、邪気払い、部屋の浄化までも済ませてしまいます。


細かい事を書いていくと????というい部分も出てきてしまうので、簡単な方法をご紹介します。


セージってご存知でしょうか。

パワーストーンなどを浄化している方には、おなじみかもしれませんね。


セージはもともとネイティブアメリカンの間で古くから使われてきた薬草です。
神聖な儀式の際などに、人や空間を浄化するために使用されてきました。

紅茶がポピュラーになる前には、お茶として飲まれたりしていたそうです。

に、にがそーーーーーーーーーー(;´д`)ゞ

ちなみに、今も飲む人いるそうな。


セージの葉はこのようになっています。
j-herb_sagewhite.jpg
この葉を一枚はがして、火をつけます。

ネイティブアメリカンの儀式としての浄化法では、この時、受け皿としてアバロンシェルというアワビの貝殻を使います。
アバロンシェル

この上に火のついたセージを載せ、昇ってきた煙で浄化をします。

これをスマッシングといいます。

天然石や物などを浄化する際には、この煙に浄化したものを絡ませるように燻します。

浄化中は、煙が対象にまとわりつきます。
ですが、浄化が終了すると、自動的に、煙がよそへ逃げていくようになります。

いくら追いかけても、煙はもうまとわりついてくれません。


これは浄化が終了したというサインです。


よく天然石などを浄化しようと思って、セージに火をつけると、煙が自分の方へ向かってくるという質問を受けるのですが、その際には、自分から、煙がそれるようになるまで、煙を浴びてみましょう。

まずは、自分の浄化から、ということですね。

その後、煙が逃げるようになったら、初めて、石の浄化にうつりましょう。


浄化の際には、スマッシングフェザーという鳥の羽を使った扇で、ゆっくりと煙を仰ぎます。

これはなくても大丈夫ですが、あると、とっても優雅な気分ですね。
ネイティブアメリカンは、このフェザーを使って浄化をします。

という具合なので、その時によって必要な、葉の枚数は変わってきます。
一枚で浄化が終了することもあるし、数枚必要なこともあります。

私は、掃除のあとの浄化の際には、葉を3~4枚使用しています。

サロンでも浄霊やその他の縛りが多い際には、セージをたいて空間を浄化しながら行います。


セージの香りは、独特なので、苦手な方は同じように、香りを使っての浄化として、お香での浄化をおすすめします。

日本での香りの浄化といえば、お線香などは馴染みが深いのではないでしょうか。


もっともおすすめなのは、白檀ですが、混ざりのないものは、かなり高価です。

なるべく天然のものを使用してお香で、空間の浄化をしてみて下さい。

気持ちも、すっきりしておすすめです。

掃除ができない日でも、喚起して、セージをたく方法はおすすめです。

3月22日 東京 瞑想セミナー 受付中


精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ  ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。




スポンサーサイト
別窓 | オーラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<浄化 おまけ | 魔法のことば | パワー か フォ-スか>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 魔法のことば |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。