魔法のことば

現役スピリチュアルカウンセラー プリアが毎日の中で感じたことをスピリチュアルをメインテーマに書き綴る徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

前世の風景 5

今回もまた引き続き、私の見た過去世について書いていきますね。

ごめんなさい。
そろそろ飽きてきましたよね。

もう少しで終わりますので、おつきあい下さいませ。


前回から引き続き私の過去世にまつわるお話でございます。

【過去世における私 プロット】

・時代 中世ヨーロッパ
・性別 男性
・職業 騎士?
・外見年齢 40代前半くらい??

前回書きました黒い肌のマリアを調べてみました。

「変身のための起源論」というブログから、転載させていただいています。

原文を読みたい方はこちら
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2005/03/post_7.html

〈黒マリア〉とは、主にフランス中・南部の山中で祀られている、特異な型の聖母子像です。
50-80㎝の小座像で、たいてい肌が黒塗りされているのが特徴です。
いかにも木訥な雰囲気をたたえており、十世紀以前の土俗信仰を遺したものと考えられます。
〈黒マリア〉の大きな謎は、こうした像の出現・伝播が、正統なキリスト教美術史の流れによっては説明できない-ということです。

ここですごく大ざっぱに教会美術史を整理すると、

①古代の教会美術-平面の絵は認めるが、立体像は禁忌の時代。そこで「聖図=イコン」ばかり造られた。とくに東方「正教会」がよくこの伝統を残している。

②ロマネスク-11世紀・南仏から起こった様式。簡素で力強い「浮彫り」像が特徴。

③ゴシック-12世紀のフランス出現。おどろおどろしいほどに豊かな「立体像」が溢れる。熱烈な聖母崇拝も特徴。

④ルネサンス-14~16世紀。ギリシア=ローマ的な写実・均整の美意識の再発見。

さて黒マリアは、見た目は③ゴシック的だが、時代としては、まだ立体像がほとんどなかった②ロマネスクに先行してます。
これはどういうことでしょう?
そのうえ実は中世には、教会は黒マリア信仰を目の仇にしていました。
多くの黒マリアが教会から追い出されたり、焼き捨てられたりしたのです。
そうだとすると、黒マリアは、ほんとうにキリスト教の「聖母」マリアの像なのでしょうか?

こうした疑問の詳細は、田中氏の前掲書を見ていただくのが一番だが、ここで結論から言ってしまうと、黒マリアはキリスト教「外」のものです。
それはケルトの土俗信仰に根ざしている。
つまり異教の地母神なのです。
キリスト教の内側に「ヨーロッパの土俗信仰」が深く浸透していることは、前回④でも述べました。
一見奇怪な黒マリアは、まさしくこの類の要素なのです。
そしてさらに重要なのは、中世フランスに突如「ロマネスク→ゴシック」様式が勃興したのも、実はこうした「異教要素」が教会の内側へ侵入した結果ではないか…と考えられることなのです。
とりわけゴシックの怪奇趣味は、そうであるよう思われます。
 
黒マリアは、たいてい「聖母マリア」でなく、「我々の母=ノートル・ダム」と呼ばれました。
実はこれも異教時代からの地母神の呼称なのです。
「黒」は生命を産み出す大地の色、そして闇と死の色です。
 
異教要素との融合によって、ヨーロッパ=キリスト教が「第二の誕生」を果たした時、それがゴシック時代なのです。

 ゴシックの12世紀、フランス各地にとつぜん「ノートル・ダム」の名を持つ大寺院が一斉に出現しました。
これまた奇妙なことですが、これら大寺院建築のスポンサーが何者だったか、今に至るもわかっていません。
膨大な資金が動いたはずなのに…です。
 
田中氏の前掲書では、これら「ノートル・ダム」寺院を造ったのは、かのテンプル騎士団ではないか…という説が紹介されています。
 
テンプル騎士団。
これは「十字軍」のために設立され、戦争略奪、また交易や金融まで手を広げて富強を誇った、超国家的組織です。

聖ベルナルドゥスのシトー修道会とも密接な関係を持っていました。

この騎士団は、ついにはフランス王権から邪魔にされて、異端集団だと告発され、抹殺されてしまいます。
全ての記録も焼かれたといい、闇に葬られてしまったのです。なるほど彼らの財力ならば、あれほどの大寺院群を建てることもできたでしょう。というか、当時のフランスには、彼らテンプル騎士団のほか、そんな資金を持った者はなかったのです。
 
さて彼らテンプル騎士団が異端だといわれたのは、本当のことでしょうか? 多くの史家は、それはフランス王側のでっち上げ、冤罪だったと見ています。
 
ところが、驚くべき説があります。
テンプル騎士団は実際に異端であり、その本性は「黒マリア崇拝教団」だった…というのです。
 
ヨーロッパ民衆の土俗=魔術精神は、それまで千年の長きに渡って教会に抑圧され、無意識の闇に潜っていました。
その無意識の爆発が、十字軍の熱狂と、「聖なる魔術的組織」テンプル騎士団を生み出し、さらに彼ら騎士団が、無意識の「女神崇拝」と「怪奇趣味」を具象化したゴシック革命を造り出した…。
全てがつながる説明ではありませんか。
 
ところで以上の現象は、二十世紀にやはり「民族の無意識」の爆発として起こった魔術的ナチズムと、なにやら相似っぽいですね…。

テンプル騎士団は抹殺されたが、その残存勢力は闇に潜って、ずっとこの現在まで、続いてきたといわれています。
たとえば悪名高い薔薇十字教団=ローゼンクロイツ。
あるいは国連創設にも関与したといわれるGBU。そしてグレース・ケリーとダイアナの暗殺関与が疑われるホーリー・テンプル教団。
さらにはあの『ゴルゴ13』が雑誌では描きながら、単行本には収録できなかったというイワクつきの、ユダヤ=キリスト教カルテル「P2」…。
ヨーロッパ=キリスト教の裏側にも、魔術崇拝の暗流が脈々と流れてきた…のかもしれません。


とのことでした。

うーん。
確実に当時のヨーロッパでは異教徒だった私。
って感じみたいです。

うん。
そして、これは、私のルーツにも関わっていたりします。
これはまた今度書きますね。

以上、これまで書いてきた事をまとめてみると

① ヘンドリック・ファン・ステーンウェイクという人の描いた絵と、私の見た建物の内部がそっくりだった

②その絵は、1630年に描かれている→という事は少なくともそれよりも前に出来た建造物

③その絵は、現在、ルーブル美術館(フランス)で保管されている(残念ながら、作者の情報が少なく、国籍はわからない)

④私は、黒いマリア像を崇拝していた

⑤黒マリアは、フランス中・南部の山間でまつられている

⑥ノートルダムという寺院が各地で造られたのが12世紀

という感じです。

上の文章に出て来たテンプル騎士団ですが、

1307年10月13日、フィリップ4世はフランス全土においてテンプル騎士団の会員を何の前触れもなく一斉に逮捕。
異端的行為など100以上の不当な罪名をかぶせたうえ、罪を「自白」するまで拷問を行った。
異端審問において立ち会った審問官はすべてフランス王の息のかかった高位聖職者たちで、特権を持ったテンプル騎士団に敵意を持つ人ばかりであった。
騎士団は異端の汚名を着せられ、資産は聖ヨハネ騎士団へ移すこと、以後の活動を全面的に禁止することが決定された。
(wikipediaより)

ということです。

もし、ノートルダムという寺院が、テンプル騎士団によるものであったのならば、彼らが勢力を持っている間は、異教の信仰も隠れる必要はなかったのでしょう。
実際名前にまでなっているし。

過去世の私が隠れる必要があったのは、このテンプル騎士団が力を持たなくなってからも、異教の神、黒マリアを信仰していたからだと推測されます。

前にも書いたように、騎士が、戦力としての価値を持たなくなったのが、13世紀以降くらい。
過去世の私は、あまり戦っていないような感じでした。

そして、テンプル騎士団が逮捕されたのが、1307年。

時期的には、ばっちり当てはまります。

私は、1307年以降、1630年以前生きていたのではないでしょうか。
場所は、フランス?


もしかしたら、過去世の私はテンプル騎士団の生き残りだったりして。
だったら、ちょっとロマンチックだなあ。

私がこの過去世を見たシーンでは、胸の中が悲しみでいっぱいだったので。
つながってるかも?なんて思ったのでした。



ちなみに、これらの、太陽と月の女神でおこなっているアルケミーアプレットというセッションの中で、
観て、体験したものです。

実際に、クライアントさんの85%以上の方が自分の過去世を観たり、体験したりしています。

これって、実は、驚くべき数字だと思います。
普段からトレーニングをおこなっていない人を含めて、この数字っていうのは、本当に驚異的です。

ご興味のある方は、どうぞー。

人気ブログランキングへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 過去世 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<理想郷って? | 魔法のことば | 前世の風景 4>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 魔法のことば |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。